木津南中学校 校章木津川市立木津南中学校
     

    学校案内

    校長挨拶 
     

    「平成31年度、令和元年は挑戦の年に」


    木津南中学校長 加藤 努

     

     平成31年度という新しい1年が始まりました。生徒、教職員、誰もが誇りに思える学校となるようにしたいと思います。素晴らしい木津南中学校にしていけるよう頑張りましょう。
     この4月1日に5月から使われる新しい年号が「令和」と決められたことが発表されました。元号が改まるのは何十年に1回のことですが 、元号が変わったからと言って皆さんの生活が変わることはありません。でも、新しい何かが始まるということは変化のチャンスです。人はいろいろな区切りにそれまでの反省や次の目標を立てて進化していくものです。この改元も一つのチャンスとなればいいと思っています。
       さて、平成31年度に生徒諸君に頑張ってほしいこと。それは、一人ひとりにとって「挑戦」の年になるようにしてほしいということです。
     挑戦の内容は人によって違います。 学習面で今よりももっと頑張ろう。成績を上げようと挑戦する人もあるでしょう。部活動で目標を立て、それに向けて挑戦する人もあるでしょう。
     でも、共通しているのはその挑戦の一つ一つが君たちの成長につながるということです。現状に満足するのではなく、今よりも一歩前に前進することが大切です。挑戦するということは目標に向けて努力をするということです。
     先日、現役を引退した米大リーグマリナーズのイチロー選手は、引退の記者会見で現役生活に思い残したことを聞かれた時に「あろうはずがない。」と答えました。それは「自分なりに頑張ってきたとははっきりと言えるので、これを重ねてきて、積み重ねることでしか、後悔を生まないとういことはありえないと思う。」とその理由も述べています。素晴らしいとしか言いようのない会見だったと思います。これは常に挑戦し続け、努力を続けたイチロー選手だからこそ言える言葉だと思いました。
     皆さんも、目標に向かって努力するそんな1年にしてほしいと思います。この中学生という時期には、多くのことを経験し、多くの友達と出会い、たくさんの事を学んでいきます。将来を担う若者として、力を蓄えていって欲しいと願っています。後悔のないように挑戦を意識して努力する年となることを期待しています。
                                                     平成31年4月8日 1学期始業式式辞より

      



    学校教育目標 創造・挑戦・共生・協働

    (1) 教育目標

          主体的に未来を創造し、心豊かでたくましく生きる生徒の育成

           ~すべての生徒が「包み込まれているという感覚」を実感できる学校~

                       

    (2) 目指す生徒像

       ア 未来を展望し主体的に創造する生徒

       イ 目標に向かって挑戦し続ける生徒

       ウ 自然、人、社会とつながり共生できる生徒

     

    (3) 目指す学校像

        学校がプラットフォームとなり、保護者・地域社会・関係機関等と協働する、
       社会総がかりの教育を推進する学校



           




    木津南中学校校歌クリックすると校歌が流れます♪

    楽譜
     



     

    施設紹介



    施設の配置図


     
    正面玄関
     
    ラウンジ
    大階段
    図書館
    玄関
    ラウンジ
    大階段
    図書館
    教室
    理科室
    技術室
    調理室
    教室
    理科室
    技術室
    調理室
     音楽室 グラウンド 体育館 武道場
    音楽室
    グラウンド
     体育館
     武道場
    プール
    多目的ルーム
    バルコニー
    吹き抜け
    プール
    多目的ルーム
    バルコニー
    吹き抜け



    交通手段について

    地図

     

    Copyright(C) 2016 木津川市立木津南中学校 All Rights Reserved.